めんどくさがりアラフォーが半年で13kg痩せた理由

半年で63kg→50kgにまで痩せました。食生活を中心に、どこをどう改善したら痩せたかを4コマ漫画にして綴ります。

ブログタイトル

食器を変えて、簡単に食べる量を管理!

太ってしまう原因のひとつ
「食べ過ぎ」
 
なぜ太ったのか。いろいろ原因はあると思いますが、大きな原因はこれです。「食べ過ぎ」。なので食べ過ぎを適量に戻さなければなりませんね。でもどうやって・・・?カロリーで減らす?グラム単位で減らす?いやいや、食器を決めてしまえば簡単なんです。
  
食べる時の食器を決めてしまう
 
ダイエットの第一歩!食器を変えよう。
 
私はダイエットを始めた時、まずは食べるお皿を変えました。そして「これだけ食べる」と決めました。そしてこの量に慣れることから始めました。食器の種類は、前回の構成に基づいて、
・サラダ用
・メインのおかず用
・茶碗
・お椀
の4種類の食器を揃えました。
  
私が使っている食器(ダイエット用食器)
 
カロリーや食べる量をいちいち測るのは面倒です。だったら先に食器を選んで、「この分だけ食べる」と決めてしまった方が簡単です。ちなみに私が食べている食器はこんな感じ。

f:id:coiatomomaya:20191024124935j:plain

これ、ニトリで買った食器です。これで計るのは食器を買う時の1回だけで済みますね(笑)心機一転、ダイエットを始めたいと思うのなら、まずは食器を新調することをお勧めします。
 
ちなみに炭水化物は1食70~80g
 
ダイエット中に気になるのは、やっぱり炭水化物の量!・・・ということで、測ってみました。この茶碗に入るご飯の量は70~80gでした。私はこの茶碗を計りの代わりに使っています。
 
まとめてご飯を炊く
 ↓
茶碗1杯分よそう
 ↓
1杯分をラップに包んで、いくつか冷凍しとく
 ↓
食べる時に1杯分だけ解凍する
 
 
旦那が使っている食器(標準食器)
 
旦那も少々太り始めていたので、彼にも食器を変えてもらいました。それがコレです。

f:id:coiatomomaya:20191024132150j:plain

これは百均とパン祭りでもらった食器です(笑)。私の食器より少し大きいくらいですね。ちなみに旦那はこの量をちゃんと1日3食食べて、3ヶ月で8kg痩せることができました!

 
この量は必ず守る!
 
ダイエットに必要なのは「慣れ」ですが、始めはこの量が少なく感じます。でもここだけは強い意志が必要です。「この量しか食べない!(食後のデザートは除く)」と。そこで必要なのが、前回の「1日15品目」なんです。この話はまた別の機会に改めてご紹介しますが、1日15品目を守って食べていると、食べる量が少なくても、結構満足感が得られるので、そんなに物足りなさを感じることがないんです。
 
この食器は1食分です
 
この食器は1食分です。そしてこの1食に前回の15品目を盛り込みます。2食目、3食目でもこの食器を使います。もちろん3食この量を食べてもいいですが、私は10kg以上痩せたかったので、少し食べ方を調整しました。次回は私が実践しているその調整方法をご紹介したいと思います。