めんどくさがりアラフォーが半年で13kg痩せた理由

半年で63kg→50kgにまで痩せました。食生活を中心に、どこをどう改善したら痩せたかを4コマ漫画にして綴ります。

ブログタイトル

意外と見逃しがちな「太った原因」

f:id:coiatomomaya:20190826173532j:plain

問題を解決するのは、ダイエットも一緒

 

これはダイエットに限ったことではないかもしれませんが、問題が起こった時にどうやってその問題を解決しますか?

 

1 原因を究明する

2 原因を取り除くための方法を考える

3 2を実行する

4 再発防止案を考える

5 4を実行する

6 2~5の結果、問題が解消されたか考える

7 問題なければ終了

 

これを私のダイエットに置き換えてた場合、こうなります。

1. 自分が今どんな食生活をしているのか突き詰める

2. 食べ過ぎや偏った食生活を変えるための方法を考える

3. 2を実行する

4. リバウンドしない方法を考える

5. 4を実行する

6. 2~5の結果、問題が解消されたか考える

7. 問題なければ終了

 

 

意外と見逃しがちな「太った原因」

 

ダイエットしようって考えた時、意外とじっくり原因って考えないのよね~(;'∀')食べ過ぎだとしても、とりあえず食事量減らせばいいよね!・・・っと、食事制限からやってしまう。さらに減らすことばかりを考えてしまうから、増やさなくちゃいけないところが抜けてしまう。ダイエットに失敗する原因は、スタート時点から始まっているのかもしれません。

 

2~6については、今後詳しく綴っていきますが、まずは1に該当する部分、つまり太ってしまった原因について、数回に渡りご紹介したいと思います。太っていた時の食生活はもちろんですが、その時私がやってしまった失敗ダイエット法もお届けします。できればこのブログを読んでくださる皆さんには、私が失敗した方法を回避して、最短ルートで目標達成してほしいと思います。

 

太ってしまった経緯

 

私が偏った食生活をするようになったのは、社会人になってからだったような気がします。元々私はそんなに甘いお菓子やジュース類が得意ではなかったので、学生のころは甘いものを食べ過ぎて太るということはありませんでした。

 

ただ社会人になると、ストレスからか、毎日晩酌をするようになりました。さらに数年経って一人暮らしを始めたので、毎日の晩酌+買ってきたお惣菜が当たり前に・・・。料理が苦手ということもありましたが、仕事でヘトヘトになって帰ってくると、もう料理をする気力がなくなってしまう。帰りが遅いことも多かったため、スーパーやコンビニで晩御飯を買って、飲んで食べて、さっさと寝たかった。

 

そして太る前は「私、何食べても太らないんだ~♪」って、とんでもない勘違いをしていたので、選ぶお惣菜は、もちろん自分が食べたい物だけ。これが間違いだったと気づくの10年後のことですw

 

次回からは太っていた時に何を食べていたのか、どれくらいの量食べていたのかを具体的にお伝えしていこうと思います。